FC2ブログ
皇方朋友社

政治結社皇方朋友社公式blog

祖國日本を直視せよ!政治、外交、経済、教育、思想、軍事!何処に皇國日本の姿ありや!


5・3憲法忌念日粉砕カウンター行動

平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕1

五月三日は憲法忌念日でありますがゴミの日でもあります・・・
斯の憲法記念日なるものでありますが、其の憲法とは我が國の敗戦後、米國GHQによる日本弱体化を目指す占領政策の一環として押し付けられた現行憲法を指して居ります。

主権を失った状態で強硬な押し付けをはね除けられなかったのは、当時としては致し方の無い事ではあります。然し、現在我が國は主権を恢復して居ります。最早現行憲法は不要であり破棄すべきでは無いでしょうか。

私達の様な自主憲法制定の意見を発しますと、其の私達を指して「戦争勢力」「保守」「右翼」等と罵る國賊が、我が石川縣にも存在します。彼等は自らを 「護憲派」と称して居ります。

九条を守れ!を声高に叫び、戦争反対を唱えますが、戦争と平和の意味すら理解出来て居ない連中である事を判って戴きたい。平和とは北朝鮮の様な外敵を防ぎ、秩序ある社会の営みを差します。

現在、隣國北朝鮮周辺は緊迫化し暴発寸前の状態であり、非常に危うい情勢であります。そんな現状を無視して、只管現行憲法九条のみに拘る護憲派こそが、我が國に最も危険な存在なのであります。

憲法九条を維持しても、國民の生命財産は守られず、國民の未来は決して保証されません。自國は自國で守るべきなのであり、子供達の将来の為、次の世代へ引き継がせる義務が我々にはあります。

私達は戦争は好みません。然し、平和を守る戦いも存在するのです。周辺有事に至らせない為にも、近隣諸國の野心を諦めさせる為にも現行憲法九条では無力なのです。護憲等と謂うまやかしを信じないで頂きたい。

憲法改正や自主憲法を制定しても、それは戦争への道ではありません。平和の反対は戦争等と言い換える護憲派の声に耳を傾けてはなりません。
平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕2
奴隷憲法発布に耐え難い怒りを以て、熱海の岸壁から身を投じ自決された憲法学者清水澄博士の顕彰之碑前で國民儀礼を行い献花
平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕3
いしかわ四高記念公園で護憲派によるプレ集會(妄想集會)
平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕4
北民會議石川縣地区の同志等が抗議街宣
平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕7
本多の森ホールで護憲反日集會が行われた後デモ隊に対しカウンター街宣を行う平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕8
憲法九条破棄を護憲派に投げかけ北朝鮮問題の本質を縣民に促す
行動隊長
平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕6
護憲派だけでなく其れ等を擁護する朝日新聞社金沢総局を批判
時局対策委員長
平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕9
昨年の半分以下のデモ隊・・・
緊迫感が増す北朝鮮情勢「核実験・弾道ミサイル発射」を意識してなのか改憲になったのか?
見方を変えれば筋金入りの確信的護憲派が残ったのか?
平成二十九年五月三日 5・3憲法記念日粉砕5
北朝鮮による恫喝兵器から國民を守る為に即刻憲法九条破棄せよ!と訴える
代表

北朝鮮のミサイルに抗議しない護憲派は恥を知れ

拉致被害者を無視する護憲派は恥を知れ

戦争勢力の北朝鮮に媚びる護憲派は日本から出ていけ

平和を脅かす護憲派は日本から出ていけ

日本國憲法は我々日本國民の手で制定するぞ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スローガン

政治結社皇方朋友社

Author:政治結社皇方朋友社
新民族運動を求め國民と目指す真日本國家建設!

日本民族精神再興し売國奴政治家糾弾
地方行政を徹底監視し地域社会に貢献
営利至上主義集団経済界に警鐘を乱打

北方領土・竹島失地領土奪還
占領憲法打破し自主憲法制定
反日勢力一掃
自主国防体制の確立
教育の正常化
世直し行動

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示