皇方朋友社

政治結社皇方朋友社公式blog

祖國日本を直視せよ!政治、外交、経済、教育、思想、軍事!何処に皇國日本の姿ありや!


第122回 皇方朋友社街頭演説會(時局厳正批判)

平成二十八年八月定例5
八月も終盤を迎え慰霊の月が終わろうとしています。当日は穏やかな気候で例年より涼しい日でありました。朋友社弁士の訴えはリオ五輪から十五日の韓國議員による竹島不法侵入、日韓スワップ協定再開、稲田防衛大臣の靖國参拝回避等多岐に亘った。併し乍、近頃の安倍内閣は保守を自認しながら韓國の慰安婦財團「和解・癒し財團」へ十億円の拠出や中韓に媚び諂い靖國参拝を回避した稲田防衛大臣等、呆れる言動許りである。

英霊に泥を被せ、犯罪者のレッテルを貼り土下座をする勢いで進める安倍外交の裏では東シナ海で支那に対峙する自衛官や海上保安官が命懸けで、尖閣防衛の任に就き闘っているのである。現場の懸命な努力を顧みず、外交で媚び諂う安倍外交は当に「馬鹿な大将、敵より恐い」である。温々安住の平和を過ごしてきたのが日本の政治家の現状である。我々朋友社弁士は自存自衛・八紘一宇・大東亜解放の為に命を懸け戦われた誇り高き英霊に、心から感謝と畏敬の念を込めて縣民に獅子吼した。
平成二十八年八月定例3
リオ五輪の日の丸選手團から教育問題に話題が上がる
最高顧問
平成二十八年八月定例2
シラス國とウシハク統治について
情宣局長
平成二十八年八月定例4
稲田防衛大臣の靖國参拝回避を批判
代表

散華された御霊を顕彰し深甚の感謝の誠を捧げます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スローガン

政治結社皇方朋友社

Author:政治結社皇方朋友社
新民族運動を求め國民と目指す真日本國家建設!

日本民族精神再興し売國奴政治家糾弾
地方行政を徹底監視し地域社会に貢献
営利至上主義集団経済界に警鐘を乱打

北方領土・竹島失地領土奪還
占領憲法打破し自主憲法制定
反日勢力一掃
自主国防体制の確立
教育の正常化
世直し行動

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
訪問者数
QRコード
QR
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示